ホーム > お知らせ > ノズル調整(1)

お知らせ

2017.12.11

ノズル調整(1)

今回は降雪地域に住んでいる人は冬に見る、この装置についての記事でございます

 

RIMG0684.JPG

 

この装置は

 

「水をまいて、道路に降り積もった雪を融かす」

 

ために水をまいています。

 

どこから水を引いているか?どのように水を送りこんでいるか?

それについては各箇所それぞれで方式が異なっており、説明しないでおきますが、今回の記事ではこの水をまく機械「ノズル」についてのものになります。

 

ノズルとは何か、思いつかない方はお風呂のシャワーを思い浮かべてみてください。

つまりノズルとは「ホースや管の中を流れてきた水の流れをコントロールし、方向や勢いを調整する装置」です。

 

今回登場するノズルは、道路に埋設した配管内を流れる水を調整して、道路上にまいているものになります

 

 

 先ほどの例のお風呂のシャワーで水の流れる量(流量)を調整しようと思うと、元の蛇口の開き具合を調整しますが、散水ノズルは違います。

まずシャワーと違い、水の出口が道路上に何か所もあります

 

各ノズルにかかる水の力(水圧)も元栓に近い所と遠い所で、力のかかり方が異なって同じ製品でも出方がバラバラになりますし、管内の小さなゴミで詰まったりもします。

と、様々な理由で多くの施設では、ノズル自体に調整機能がついているものを用いています。

 

次回、ノズル調整(2)に続きます→

 

 

 

 

 

追記:本社の住所が変更になりました。

旧住所:富山市黒崎39番地の3

新住所:富山市黒崎41番地2

よろしくお願いします。 石田

月別アーカイブ

PAGETOP